ユヴェントスでプレーするポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。

来年2月で35歳になる彼だが、つい先日にはこんな超人的ゴールを叩き込んでいる。

鳥人的跳躍…!

そのロナウドといえば、超人的ストイックさでも知られる選手。そんな彼が禁忌であるはずの飲酒をした瞬間とは。『DAZN』のインタビューでこう明かしたそう。

クリスティアーノ・ロナウド

「ポルトガルでのEURO優勝は自分史上最も重要な賞だ。

信じられない、忘れがたい夜だったよ。

泣き、笑い、苦しみ、叫び、そして、飲酒した。

笑い事じゃないよ!

試合であまりに泣いたので脱水症状になったんだ。

そして、試合後のセレブレーションでシャンパンを一杯飲んだ。すぐに頭にきた(クラッとした?)ね。

自分は決して呑まないけれど、あの日は本当に特別だった。これまでで最も重要なトロフィーさ」

悲願だった代表での初タイトルを獲得した2016年のEURO。ロナウドは決勝戦で負傷交代になるも、フェルナンド・サントス監督以上のジェスチャーで味方を鼓舞し続けた。

そのお祝いに普段は絶対に口にしない酒を呑んだところ、すぐにくらっときていたとか。