腕時計はセレブのステータスシンボルの一つでもある。もちろんサッカー選手も例外ではなく、それぞれのカスタムモデルを作ることすらある。

『sportinglife』が伝えたところによれば、今回カスタムモデルを作ったのはチェルシーのFWミシ・バチュアイ。

有名な宝石商の『MJJ EXCLUSIVE』は、28日にこのようなカスタムモデルが出来上がったことを発表しているぞ。

5000ポンド(およそ70万円)のロレックスをカスタムし、文字盤をグラデーションカラーの紫に塗装。数字とベゼルをレインボーに。

さらに「Bats」(コウモリ)のモチーフ、そしてバチュアイ本人のサインが加えられている。

投稿によればこれはバチュアイ本人のアイデアからカスタムされたものだそう。

今季はチェルシーで全くスタメン出場できない状況にあるバチュアイであるが、デザイナーとしての才能は見せつけたようだ。ファンはピッチ上での活躍を願っていそうだが…。