1月28日からモロッコで行なわれてきた2020年アフリカフットサル選手権で、ちょっとおもしろいGKがいたと話題になっている。

その選手はこの大会で3位になったアンゴラ代表の守護神ネブルー。

アンゴラはグループステージの第2節でエジプトと対戦し0-3と敗れているのだが、その2失点目の場面でネブルーは…(動画11秒~)。

なんといきなり体勢を低くし、スパイダーマンのように構える!

ただエジプトの攻撃は止められず、結局失点…。

状況的になにか見辛かったのかもしれないが、「ここまでする意図がよく分からない」とちょっとした話題になっている。