かつてアーセナルやレアル・マドリー、マンチェスター・シティ、トッテナムなどでプレーしたことで知られるトーゴ代表FWエマニュエル・アデバヨール。

彼は今季前半戦でトルコのカイセリスポルに所属していたものの、12月で契約を解除して退団。フリーエージェントになり新しいクラブを探していた。

そして11日、パラグアイリーグを4連覇している名門のクラブ・オリンピアが「アデバヨールと1年契約を結んだ」と公式発表した。

これまで決めてきたゴールの映像集も!

このスピード、そして長い足を器用に生かしたプレーはまさにアデバヨール…。

オリンピアにはかつて世界的なストライカーとして知られていた元パラグアイ代表FWロケ・サンタ・クルスも所属しており、38歳の今も活躍を続けている。

アデバヨールとサンタ・クルスはマンチェスター・シティ時代に数年間ともにプレーしていたこともあり、8年ぶりの再会となる。

オリンピアは今年コパ・リベルタドーレスへの出場を控えており、3月から始まるグループステージへの準備を進めている。もしアデバヨールとサンタ・クルスがクラブW杯に出場することになれば、大きな話題になりそうだが…。