セリエA9連覇を目指す王者ユヴェントス。直近の25節ではスパルを1-2で撃破した。

9試合連続計14ゴールを粗稼ぎしているクリスティアーノ・ロナウドが決めた一撃がこれだ。

これだから点が獲れる!

そうした中、『Gazzetta dello Sport』が気になる話を伝えている。

イタリアでは北部で新型コロナウイルスの影響が広がっており、セリエAの数試合も延期になった。また、株価も落ち込んでおり、ユーヴェも打撃を受けているという。

月曜日の取引で11パーセントもの下落(わずか1.0155ユーロに)となったために、取引が一時停止になったそう。そのユーヴェはコロナ対策として、アリアンツ・スタジアム内のミュージアムを2月29日まで閉鎖することを決めている。

ユーヴェとUEFAチャンピオンズリーグで戦うリヨンもコロナを警戒。リヨンはフランス外務省と連絡をとっており、渡航してくるユーヴェファンたちへの対策・措置について検討しているとのこと。