新型コロナウイルスの蔓延により、主要な活動を中断しているサッカー界。

多くの選手が自宅での待機を余儀なくされているが、そうした中でも彼らはさまざまな発信でわれわれを楽しませてくれている。

こちらはリヴァプールのMFジェームズ・ミルナー。やはり暇を持て余しているようで、SNSに自宅の庭に生えた芝を刈る姿を投稿していた。これは新鮮!

ただWHOから「パンデミックの中心なった」と指摘された欧州においては、事態の収束とリーグの再開についての見通しはまだ立っていない。

イングランドのプレミアリーグは19日、これまで4月3日に再開されるとしていたリーグ戦について、同30日まで中断を延期することで合意したと発表した。

声明には「選手、スタッフ、サポーターの健康と福祉が最優先事項である」と記されており、中断は女子を含めイングランドのプロサッカーに全て適用されるという。

また、FAの規則でシーズンはその年の6月1日までに終了することが定められているが、これを無期限に延長することも合意したとのこと。