エディンソン・カバーニとともに今季限りでPSGとの契約が満了するブラジル代表DFチアゴ・シウヴァ。

35歳になった彼の新天地がどこになるのか注目されるなか、古巣への愛を語ったようだ。『Globo』によれば、こんな発言をしていたという。

チアゴ・シウヴァ

「(いつか戻ってくるという夢はある?)

あるよ。人生で最も難しい時にチャンスをくれたのがフルミネンセだったからね。

とても感謝している。その感謝は何にも勝るものだ。

いつになるかはまだ分からない。でも、復帰してあのユニフォームをもう一度着ることを考えているよ」

チアゴ・シウヴァは若くしてポルトに引き抜かれるも、初の海外挑戦で環境に馴染めず。半年後にディナモ・モスクワにローンされるも出場機会ゼロのまま1年でブラジルに帰国。

だが、フルミネンセでブレイクしてミランへと移籍している。そのチアゴ・シウヴァがセリエAの舞台で決めたスーパーゴールがこれ!

センターバックなのにここから決めるか!

フルミネンセ愛は確かなもののようだが、果たして。