今季限りでPSGとの契約が満了になるウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ。

新型コロナウイルスの影響によってリーグが中断されているため、現在彼は故郷のウルグアイに戻って家族とともに過ごしている。こんな子供との心温まる動画も…。

彼の移籍先については様々な話が流れてきた。1月にはアトレティコ・マドリーへの加入が近づいたものの、クラブ間の交渉が不調に終わり実現しなかった。

また最近ではアルゼンチンの名門ボカ・ジュニオルスやブラジルの数クラブが関心を寄せていると代理人が明かしており、フランスの偽ニュースとしては「ヴィッセル神戸に加入する」というものもあった。

そして今回、かつてウルグアイ代表で同僚だったクリスティアン・ロドリゲスが『Locos x el Futbol』という番組で以下のように話したそう。

クリスティアン・ロドリゲス

「私はエディ(カバーニ)から、これを言う許可をもらっているよ!

彼に電話して、尋ねてみればいいよ。彼はもうすぐペニャロールに来る。他には何も言えないよ」

『Corriere dello Sport』の記事によれば、ロドリゲスはすでにカバーニから話す許可を得ているとか…本当なのかどうか。

ペニャロールはウルグアイでも屈指の名門クラブで、現在監督を務めているのはあのディエゴ・フォルラン氏である。

ただ、カバーニはそのライバルクラブでもあるダヌビオで育った選手であり、ペニャロールとはあまり関係が深くない選手だ。ウルグアイのファンにとっては、彼が黄色と黒のユニフォームを来てプレーするのは新鮮な感じだろうが…。