世界的に感染を広げている新型コロナウイルスの影響により、サッカー界のみならずあらゆる職業の人々が自宅で時間を過ごさなければならない状況となっている。

今回話題になっているのは、スペイン出身の冒険写真家フィリップ・クライン・エレーロ。主に山岳やスキーの模様を撮影してきた彼が、自宅で「雪山スキー」をやってみた動画がこれだ。

最後にはジャンプに失敗して雪…ならぬシーツに頭から突っ込む。そして「家にいよう」とメッセージを送った。

スペインではすでに新型コロナウイルスによる死者が1万5000人に近づいており、イタリアに次ぐ欧州2位の多さとなっている。サッカー界のみならず、様々なスポーツ界に大きな影響を与えているようだ。