新型コロナウイルスの流行によって、世界各国は大きな打撃を受けている。

そのなかで、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドも支援に動いているひとりだ。

同胞であるベルナルド・シウヴァによれば、代表チームからの寄付は彼が主導したものだそう。『Bleacher Report』のInstagramライブ配信でこう明かした。

ベルナルド・シウヴァ

「2,3日前、彼は自分たちのボーナスを寄付するアイデアをくれた。

EURO2020の予選突破のボーナスだ、2021年に行われることになったけどね。

彼はボーナスの一部を寄付をしようという考えを僕らに伝えた。

代表チームのことを考え、選手たちは予選突破ボーナスの50パーセントを寄付することにしたんだ。

彼はとても行動的だよ、僕らにメッセージを送る」

ロナウドはポルトガル代表選手たちのWhatsAppグループでEURO予選突破のボーナスを寄付しようと提案したそう。頼れる兄貴にそう言われたら、断る選手はいないだろう。

そのロナウドとシウヴァが代表戦で開通させたホットラインがこれ!

前回大会では望外の優勝を遂げたポルトガル。来年には36歳になるロナウドはどんなプレーを見せるだろうか。