現在新型コロナウイルスの影響によって中断を余儀なくされているイングランド・プレミアリーグ。リヴァプールも全ての選手とスタッフが自宅で時間を過ごしている。

トレーニングに勤しむ者、あるいは何らかのことにチャレンジする者など…それぞれに生活の中で時間を有効に使っている。

その中で、リヴァプールを率いているユルゲン・クロップ監督はこんなチャレンジに成功したようだ。

ついにネクタイが結べるように!

クロップ監督は通常試合の日はトラックスーツを着ているため、それほど結ぶ機会がないとのことで…。

ちなみにこれは「ウインザーノット」あるいは「フルウインザーノット」という結び方で、結び目が大きく左右対称になるのが特徴。最もフォーマルなスタイルの一つである一方、工程がより複雑になるものだ。

多少プロセスを間違えても似たような形にはなるが、その場合は解けなくなってしまうことも…。

【関連記事】リヴァプールのクロップ監督、手を伸ばすサポに「○○バカ野郎」と叫ぶ

最も難しい結び方に成功したクロップ監督、最後は小躍りしている。