過去のその日にあったことを振り返る「On This Day」。今日話題になっているのは、2010年4月28日にバルセロナDFジェラール・ピケがやった超ゴールだ。

10年前のUEFAチャンピオンズリーグ準決勝、インテル戦でやったDFらしからぬスーパーシュートがこれ!

うまっ!

オフサイドぎりぎりでボールを受けると、巧みなターンでGKジュリオ・セーザルとイバン・コルドバを無効化して、鮮やかにゴールを奪ってみせた。

【関連記事】CBなのに「背番号2」で暴れる8人の守備者

バルサは1stレグを3-1で落としており、この2ndレグも終盤までネットを揺らせず。そのため、ピケはゴール前まで上がっていたというわけ。

この得点で追いすがったバルサだが、結局2戦合計3-2で敗戦。一方、インテルはモウリーニョのもとで3冠を成し遂げている。