マンチェスター・ユナイテッドの守護神として長くプレーしているスペイン代表GKダビド・デ・ヘア。クラブの年間最優秀選手に何度も輝いており、クラブ公式でTOP10セーブもまとめられる。

この反射神経、なぜこれだけの予測ができるのか…信じられない。

もはやユナイテッドの霊となった彼であるが、その間にはレアル・マドリーへの移籍が寸前に迫ったこともあった。ケイロル・ナバスとのトレードは「書類が遅れたため」にキャンセルになったという有名な逸話もある。

なぜそんな事になっていたのか。かつてGKコーチを務めていたエリック・スティール氏は、『Mirror』に対して以下のように話したという。

エリック・スティール

「ファン・ハールの下でプレーしていた時、デ・ヘアはマンチェスター・ユナイテッドを離れたいと思っていたし、その理由も我々は知っていた。

それは実際には起こらなかった。物事がうまく行かなかったからだ。

もし移籍マーケット最終日にちゃんと書類が送られていれば、彼はレアル・マドリーに行っていただろう。

デ・ヘアは特にファンにもクラブにも腹を立ててはいなかった。しかし明らかに舞台裏では何かが起こっていた。

今は状況が異なる。彼は笑顔でマンチェスター・ユナイテッドを改善させているし、退団したがる理由もない」

結局デ・ヘアが移籍したかった理由はファン・ハールの存在だけだった…という。

【関連記事】ファンペルシーが暴露!ファンハールからの「クビ宣告」が冷酷すぎる

ただ来季はシェフィールド・ユナイテッドからディーン・ヘンダーソンが復帰してくることから、デ・ヘアもポジション争いを余儀なくされる…という予測もある。