新型コロナウイルスによって中断されていたリーグ戦を再開させたドイツ。

ドルトムント対シャルケのルール―ダービーも無観客のなかで行われた。静まり返るジグナル・イドゥナ・パルクで最初にゴールネットを揺らしたのは、怪物FWアーリン・ホーラン!

そのゴールシーンがこれだ(以下動画30秒~)。

この決定力!ユリアン・ブラントのお洒落なパスからドルトムントが相手を崩して、最後はホーランが仕留めた。

ホーランは4人の間を通すワンツーパスでラファエル・ゲレイロの4点目もアシストしている(1分25秒~)。

【関連記事】サッカー界の新時代を担うヤバい10代の宝石TOP5

試合はホームのドルトムントが4-0で快勝。ブンデス公式によれば、ホーランは試合後にこう述べていたそう。

アーリン・ホーラン(ドルトムントFW)

「自分は以前と同じじゃない。7週間も試合をプレーしていない。

でも、この期間に自分がハードワークをしてきたことは知っているし、(得点に)驚いてはいないよ」

ゴールして当然とばかりに、さらりと言ってのけたようだ。

一方、シャルケMFウェストン・マクケニーは「凄いチームだ。彼ら相手にはミスが許されない。明らかな勝利、ふわさしい勝利だ」と脱帽していた。

ドルトムントは23日にヴォルフスブルク戦、そして、27日にはバイエルンとの決戦が控えている。