来月にリーグ戦の再開を予定しているスペイン1部リーグ、ラ・リーガ。

今季の残り試合は無観客開催となるが、2020-21シーズンからは徐々に観客を入れていく予定だ。

『COPE』によれば、9月12日からは30%、11月からは50%、2021年1月からはスタジアムのキャパシティ100%の観客を入れる見込みだとか。

来季開幕時点では、まず3割の観客動員を予定している模様。ただ、これは公衆衛生上の状況によるとも。

昨年11月、日本代表MF久保建英が待望のリーガ初ゴールを決めた瞬間のスタジアムはこんなことになっていた(以下動画5秒~)。

本人もチームメイトも嬉しそう!

【関連記事】久保もいるぞ!「最も給与が高い10代選手」TOP10

この雰囲気がスタジアムに戻ってくるのはいつになるだろうか。