35歳になったブラジル代表DFチアゴ・シウヴァ。2012年からプレーしてきたPSGとの契約が今季限りとなっており、その去就が注目されている。

『Foot Mercato』によれば、本人がプライオリティを置いているのは、パリ残留だそう。ただ、スポーツディレクターのレオナルドは1400万ユーロ(17億円)という現在の年俸からの大幅減俸を求めており、両者は給与面でまったく折り合えていないという。

そこでプレミアリーグ移籍の可能性も浮上している。候補地とされているのは、エヴァートン。

ミランとPSGでチアゴ・シウヴァとともに働いた恩師であるカルロ・アンチェロッティ監督が率いているチームだ。指揮官は教え子を高く評価しており、電話を掛けたとも。

また、チアゴ・シウヴァも「多くの監督たちと働いてきたが、特に覚えているのはアンチェロッティだ。ミランに加入して6ヵ月、自分はプレーできなかった。だが、その期間に偉大な監督であるアンチェロッティから教えを受けた。その6ヵ月が自分の人生を変えた」と語っている。

チアゴ・シウヴァはそのミラン時代にアレッサンドロ・ネスタと最強コンビを結成。その時代にやったスーパー守備がこれ!(以下動画1分3秒~)

速い強い!動画1分33秒~からのシーンでは、自陣内から怒濤のドリブル突破で相手守備を切り裂く伝説未遂プレーも!

【関連記事】プレミアリーグに「来ないほうが良かった」10人の選手

トフィーズでも減俸は避けられないというが、35歳でのプレミアリーグ挑戦はあるだろうか(シウヴァは9月で36歳になるが)。