いち早く再開を迎えた韓国・Kリーグ。すでに5月から6試合が行なわれている。

先週末の試合では記録的な結果が生まれた。大邱FCがFCソウルを相手に6-0というとんでもないスコアで勝利を収めたのである。

先発出場したMF西翼もその勝利に貢献。3-0で迎えた52分、このスルーパスでキム・デウォンのゴールをアシスト!(動画4:41~)

また、動画6:04~では自ら奪ったPKを西翼が担当。GKに一度防がれてしまったものの、なんと相手選手がそのままオウンゴール!これがチームの5点目となり、大きなリードを奪った。

【関連記事】北川航也がやった!“完璧カウンター”からの「欧州初ゴール」がこれ

6-0で勝利した大邱FCは、開幕からの6試合で2勝3分け1敗となかなかの成績で5位に。一方FCソウルはこれで3連敗となっている。