日本代表もアジア王者として参加した2005年のFIFAコンフェデレーションズカップ。

優勝したのはブラジル代表、得点王に輝いたのはアドリアーノだった。

当時23歳だったレフティモンスターは日本戦でこそ得点がなかったが、宿敵アルゼンチンとの決勝で2ゴールの大暴れ。特に凄かったのが、この爆裂ミドル!

半端ない…。まさに悪魔的な左足だ。

【関連記事】ぼくらがお世話になった「ウイイレ最強戦士たち」

サッカー史上に残るエグさの左足を持っていたアドリアーノ。実はギリシャ戦ではこれ以上に凄いミサイル弾も打ち込んでいる。

6/18(木) 4時15分~ 生中継!マンチェスター・シティ対アーセナル