悲願となるプレミアリーグ初優勝を遂げたリヴァプール。ただ、コロナ禍のなかでファンが大集結し、警察や市長から叱責される事態にもなった。

また、ピアヘッドにあるリヴァービルディングでは火災も発生。すでに鎮火されたものの、ビルの周りでは打ち上げ花火を放つ者たちがいたとされる。

『CapitalLivNews』によれば、バルコニーでの花火によって、ビルは少なくとも1万ポンド(132万円)の損害を受けており、19歳の男が放火容疑で逮捕されたとのこと。その火災の様子がこちら。

確かに一部が燃えている。

【関連記事】リヴァプールvsエヴァートン!「ワーストユニ」対決!

このリヴァービルディングは、エヴァートンのオーナーであるファルハド・モシーリ氏らが保有しており、ブルーにライトアップされたこともある。