かつて浦和レッズユースやアビスパ福岡でプレーした邦本宜裕。今季は韓国の強豪全北現代に所属しているが、Kリーグ第9節での活躍によりMVPに輝いた。

28日に行われた蔚山現代戦で先発した邦本宜裕は、1-0とリードして迎えた後半アディショナルタイムにこの素晴らしいソロゴールを決めて話題に。

右サイドで時間を使うかと思いきや、自らドリブルでペナルティエリアに入り込んで股抜きシュート!(動画8:08~)

あまりにも美しいゴールを決め、全北現代に決定的な追加点をもたらしていた。

【関連記事】覚えてる?ブンデス日本人選手、これが「1年目のユニフォーム姿」

この得点以外のプレーでもチームに大きく貢献した邦本は、「常にスペースを利用して活躍した」と評されMVPに選出されている。