悲願だったプレミアリーグ初優勝を果たしたリヴァプール。

6月末に行われたエヴァートンとのマージーサイドダービーでは、フィルヒル・ファンダイクvsリシャルリソンのバトルも話題になった。

その後、ブラジル代表FWリシャルリソンは、ファンダイクについて「偉大なDFだけど、彼以上のDFはいる」などと発言。『Globo』によれば、リシャルリソンはこんなことも話していたそう。

リシャルリソン(エヴァートンFW)

「試合中に不協和音があった、クラシコ(ダービー)では起きることさ。

頭(同士)でヒートアップした。時間を稼ぐためにちょっとファイトもした。リヴァプール側はそれが気に入らなかった。

アーノルドとゴメスも闘いに入ろうとしていた。でも、それもクラシコの一部さ。

あのファイト全体で5分稼げた、チームにとってもよかったよ。ポルトガル語で「クソ、誰だと思ってんだ?」と言ってやった。

リヴァプールの全員と戦った、クラシコはクラシコさ。相手は自分たちの色を守るし、僕は自分たちのを(守る)。

ポルトガル語で呪いを考えていたよ(笑)」

リシャルリソンは時間を稼ぐためにもファンダイクらとのバトルを展開していたようだ。

そのダービーでリシャルリソンがリヴァプール守備陣を脅かしたシーンがこれ (以下動画6分35秒~~)。

デヤン・ロヴレンをぶっちぎる!

【関連記事】本当は「ライバルクラブのファンだった」スター選手10名

なお、グディソン・パークで行われたこの一戦はスコアレスドローで終了している。