母国開催だった2014年のFIFAワールドカップで優勝を目指したブラジル代表。

だが、ドイツとの準決勝で1-7という歴史的大敗を喫し、オランダとの3位決定戦にも0-3で敗れる失意を味わった。

特にドイツ戦のショックはひどく、敗戦後の選手たちは涙に暮れていた。その衝撃的シーンがこちら。

あのブラジルがボコボコにされる…。何度見ても衝撃的だ。

【関連記事】“カカの後継者”と呼ばれた逸材たちとその「現在」

そうしたなか、敗戦後に涙を流したブラジル代表DFダヴィド・ルイスの画像を使った建設会社に賠償命令が下された。

『UOL』によれば、ルイスと法廷闘争になったのは「Wemake Construções」というブラジルの建設会社だそう。

同社はルイスが泣く画像に「僕はただ人々を幸せにしたかった(当時のルイスの発言)」、「家族の夢を引き受けるためにアマチュアを雇えば、1-7になる」というフレーズをつけていたという。これに対して、ルイスは画像の悪用と精神的損害を負ったとして同社を訴えていた。

このほど、第二審で同社に3万レアル(60万円)の支払いを命じる判決が下されたとのこと。