リヴァプールの悲願だったプレミアリーグ初優勝に貢献したオランダ代表DFフィルヒル・ファンダイク。

世界最強のCBとして評価されており、弱点などないようにも思える。

そうしたなか、元リヴァプールDFコロ・トゥレがファンダイクの弱点を語ったようだ。『AS』によれば、こんな話をしていたそう。

コロ・トゥレ

「彼はトッププレイヤーだ。スピードと高さがあり、飛ぶこともできるし、テクニックもある。

ロングパスでゲームをスイッチすることも可能だ。全てを兼ね備えているよ。

1vs1で彼に挑戦する選手はあまりいないよね。個人的にはそれが彼の弱点だ!

彼は長身なので、ボールを持って攻撃すれば苦戦しうる。でも、彼はとてもクレバーでもあるからね。

ただ、1vs1の攻撃で本当にアグレッシブになれば、彼から得るものがあると思う」

1vs1でアグレッシブに仕掛ければ、崩せることもあるかもしれないという。

ただ、ファンダイクはプレミアリーグ50試合も一度もドリブル突破を許さなかった男である。アーセナルFWニコラ・ペペに50試合ぶりに許した突破シーンがこれ(以下動画15秒~)。

トラップしたところを潰そうとして、逆に入れ替わられる…。これはペペが上回ったシーンだった。

【関連記事】ウイイレ2020「俊敏性最強のセンターバック」TOP10

なお、コロ・トゥレは素晴らしい時を過ごしたリヴァプールが優勝するのを見るのは嬉しかったとも述べている。スティーヴン・ジェラードのスリップ事件があった2014年の痛みを癒すものだとも。