9月に発売となるウイイレ2021。インフレ気味だった近年の傾向を受けてか、能力査定がシビアになる様子を見せている。

今回は、そんな中でも“最も高いレアリティ”へと昇格するかもしれない5人の選手を独断と偏見で予想してみた。

ジェイドン・サンチョ(ドルトムント)

ジェイドン・サンチョ

2019-20シーズン、ブンデスリーガで17得点16アシストと圧巻のプレーを見せたサンチョ。大ブレイクを果たした前シーズンを上回る数字を残した。

現在、世界の若手選手の中で最も活躍している選手と言えるだろう。ウイイレ2020内ではアップデートを重ね、パスセンスに優れたウィンガーとして、最大値95というトップクラスの能力を与えられている。

現在はゴールドレアだが、最近の活躍を踏まえて2021ではいよいよレアリティが上がるかもしれない。