ロナルト・クーマン監督のもとで新たなスタートを切ったバルセロナ。

リオネル・メッシは1年残留することになったが、イヴァン・ラキティッチに続いて数名のベテランがチームを離れるとみられている。

『ESPN』によれば、クーマン監督はルイス・スアレスとアルトゥロ・ビダルに対して個人でのトレーニングを命じたという。

両者はそれぞれユヴェントス、インテルへの移籍が噂されている。指揮官は2人をチーム練習から除外し、コーチとの個人練習を指示したとか。

この日公開された最新映像では2人の姿が確認できる(以下動画1分22秒~)。

2人ともランニングなどはチームメイトとともにこなしている。だが、その後のミニゲームには姿がない。

【関連記事】リヴァプールで「1試合だけプレーした」9選手、覚えてる?

ともに33歳のスアレスとビダルは契約が残り1年あるが、クーマン監督は構想外であることをすでに告げているとも。

また、ビダルの後釜にはリヴァプールのオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムを獲得するという話も出ている。