今季、ドイツ1部のビーレフェルトにローン移籍した堂安律。

バイエルン相手にゴールを決めた彼は、ヴォルフスブルクとの第5節でもアシストを記録した。

2点をリードされた後半35分、FWスヴェン・シップロックの足元に右足のグラウンダークロスをしっかりと届けてみせた(以下動画42秒~)。

利き足ではなかったが、フリーになっていたシップロックに正確なパスを供給している。

堂安はフル出場したが、チームは1-2で敗戦。

ウーヴェ・ノイハウス監督は「チームとして相手が上だった。我々は2-0だったハーフタイムに何が起ころうとも最後まで戦い続けると決めた。チームはそれをやってくれたので、彼らのことを少しも批判できない。1点をとった後、さらなるチャンスもあった」と選手たちを讃えていた。

【関連記事】「背番号8」なのにゴリゴリのストライカーだった8人

ビーレフェルトは次節でドルトムントと対戦する。