中国超級リーグの河北华夏幸福でプレーするジェルヴィーニョ。

チームは今年、ステファヌ・エンビアやガエル・カクタといった選手を補強し大幅な戦力アップを図った。一時は2位につけるなど健闘していたが、第14節から5連敗を喫し現在は5位となっている。

そんな河北华夏は先週末、アウェイで河南建业と対戦。

この試合にジェルヴィーニョも先発出場したのだが、83分に見せたプレーが波紋を読んでいる。

左サイドからドリブルを開始したジェルヴィーニョに対して、体を入れた相手DFコ・ヤンが倒れてしまう。

するとジェルヴィーニョはボールを確保しようと足を出し、その右足が相手の股間に直撃…。さらにその後も右足の太ももあたりを踏んでおり、足の裏で相手選手を傷つけてしまったのだ。


アウチ…。

コ・ヤンは足を閉じてキープしていたため、ジェルヴィーニョとしてはただボールを奪いに行こうとしただけかもしれない。

しかし、結果的には相手を"踏む”というラフプレーになり、ジェルヴィーニョは一発退場となってしまった。出場停止処分は1試合では済まないかもしれない。

なお、試合は1-0で河南建业が勝利している。