『Africanfootball』は「マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、ヤヤ・トゥレの謝罪に感謝を述べた」と報じた。

今季マンチェスター・シティで大きな問題となっていたグアルディオラ監督とディミトリ・セルク代理人の対立。

顧客であるヤヤ・トゥレほったらかしで進む口論は、最終的にグアルディオラが「代理人からの謝罪がない限り、ヤヤ・トゥレは起用しない」と発言するに至った。

その後どのように物事が進んでいくか注目されたが、先日ヤヤ・トゥレ自身がSNSで謝罪を発表。代理人の発言による誤解について許しを請うた。

それについてグアルディオラ監督は以下のように話し、代理人の謝罪がなくともヤヤ・トゥレを起用していく可能性を示唆した。

ペップ・グアルディオラ

「私はヤヤ・トゥレと今日話した。もちろん、それはプライベートな対話だよ。何が起こったか、彼が何を言ったか、それは当然知っている。

ヤヤ・トゥレが謝罪したのは、マンチェスター・シティにとっていいニュースだ。それはもっとも重要なことだ。そしてヤヤにとっても。私は感謝している。彼のことは昔から知っているしね。

ヤヤは我々の全てのミーティング、全てのトレーニングに出席している。何も変わっていないという状況はわかっているだろう。

私はヤヤについて答えた。これ以上は話さない。私は彼と話した。それは良いことだ。そういうことだ。今、私はミドルズブラ戦に集中しているし、誰もがその状況をわかっている」