今年ノルウェーのローゼンボリに移籍するとゴールを量産し、チームのリーグ3連覇に貢献したニクラス・ベントナー。

その活躍によってデンマーク代表に復帰したほか、29歳にして初の得点王獲得も見えてきた。

彼がリーグ優勝タイトルを勝ち取るのは、2012-13シーズン以来のこと。この年はアーセナルからユヴェントスにレンタル移籍。チームはスクデットを獲得したものの、自身は9試合でノーゴールに終わった。

『VG』によれば、そのことについて聞かれるとこう答えたという。

ニクラス・ベントナー(ローゼンボリFW)

「比較なんてできないね。

多くの金を稼ぐのは世界中のどこにいたって素晴らしいことだろ。

(優勝は)ここにやって来た時に目標にしていたもののひとつだ。

なので、それを達成したことには多くの意味があるよ」

場所は関係なく、素晴らしいものは素晴らしいということのようだ。