『Marca』は5日、「バルセロナ元会長のジョアン・ガスパールは、ネイマールは金のために去っただけの男だと語った」と報じた。

昨年夏にバルセロナを退団し、2億2200万ユーロ(およそ289億円)という巨大な移籍金でPSGに加入したネイマール。

さらに来季にはレアル・マドリーに加入するかもしれないと言われており、もしそうなれば「禁断の移籍」が実現することになる。

しかし、ガスパール氏はラジオ番組に出演して以下のように語り、もしレアルに行ってもルイス・フィーゴの裏切りには匹敵しないと主張したという。

ルイス・フィーゴ バルセロナ レアル・マドリー
ジョアン・ガスパール

「ネイマールがレアル・マドリーに移籍しても、ルイス・フィーゴに匹敵するものではないさ。

フィーゴは『裏切り』でチームを離れた。その歴史が塗り替えられることはない。彼は裏切り者で臆病者だ。

しかし、ネイマールはただお金のために去っていった男だ」

(カタルーニャが独立した場合、メッシが退団するという話もあるが?)

「カタルーニャ共和国になっても、メッシはバルセロナでプレーし続けるだろう。

なぜなら我々は素晴らしいチームを持っていて、チャンピオンズリーグでもプレーできるからだ」