『Ahram』は30日、「エジプト代表FWムハンマド・サラーは、3週間での復帰が可能である」と報じた。

26日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ決勝でセルヒオ・ラモスと接触し、肩を痛めてしまったサラー。

靭帯を損傷していることが明らかになっており、来月のワールドカップ出場が危ぶまれていた。

エジプトサッカー協会の会長を務めているハニ・アボ・リーダー氏が以下のように話し、ワールドカップ第2戦の復帰を考えていると明かしたとのことだ。

ハニ・アボ・リーダー

「サラーの士気は高いよ。そして彼はできるだけ早く回復したいと決意していた。

ウルグアイ戦(第1試合)の前にサラーをフィットさせようという努力が行われている。

しかし、合理的な話をすれば、彼はウルグアイ戦を逃す可能性が高いだろう。

正直になろう。我々は第2戦に彼を準備させたいと思っているよ」

エジプトは15日にウルグアイとの初戦を迎え、19日に開催国ロシアと、25日にサウジアラビアとの試合を行う。

発表によれば、ロシア戦には出場できる可能性が高いという。今季最も輝いた選手がW杯で見られないということはなさそうだ。