通算6度目のワールドカップが目前に迫っている日本代表。ロシア大会は初出場となった1998年のフランス大会から20年の節目でもある。そこで過去の日本代表ユニフォームを振り返ってみよう。

今回は1999年から2000年にかけて使われた、通称「風モデル」!

日本代表 風モデル

今回紹介する風モデルとは、1999年4月のワールドユース選手権(現U-20ワールドカップ)を皮切りに使われたユニフォーム。シャープでスピード感に溢れるデザインが特徴だ。

青は「日本の国土とスピード感」を、白は「信頼とフェアプレー精神」を表現している。

日本代表 歴代ユニフォーム 風モデル

このユニフォームは1999年ワールドユース、2000年シドニー五輪、2000年アジアカップと大舞台で活躍。

稲本潤一、小笠原満男、高原直泰、遠藤保仁、本山雅志、中田浩二、小野伸二らを擁したU-20代表はワールドユースで準優勝という結果を残した。

また森岡隆三、名波浩、中村俊輔、柳沢敦、川口能活、森島寛晃らを擁したアジアカップは見事に優勝。風モデルの日本代表は、明るい未来を予感させた。

そしてこのユニフォームから、いよいよadidas一社との長期に渡るテクニカルスポンサー契約がスタート。以後は基本的に約2年ごとのモデルチェンジを繰り返すようになる。