PSGを退団して、古巣バルセロナやレアル・マドリーへの移籍が噂されているネイマール。

そうした中、カタルーニャの『Esport3』が気になる情報を伝えた。現地月曜日、ネイマールの弁護士のひとりがバルサのオフィスを訪れたというのだ。

フアン・デ・ディオス・クレスポ氏はネイマールのPSG移籍にも関わった人物。

バルサ復帰についての会談かと思われたが、実際には違ったようだ。

同氏はバルサのアドバイザーだったアリエド・ブライダ氏とともにオフィスを訪れた。その理由は、ブライダ氏とバルサの契約を解除するためだったとのこと。