先日本田圭佑が移籍することが決まったブラジルリーグ。さまざまな地域でいろいろなコンペティションが行なわれており、1年中何らかの形でサッカーが開催される。

今回珍しい場面があったのはコパ・ド・ブラジルの1次ラウンド。ウニアォン・ロンドノポリス対アトレチコ・ゴイアニエンセの試合だった。

選手が並び試合がスタートするかと思いきや、なんと突如開始は延期に。その理由はなんと、ペナルティエリアの大きさ…。

審判が試合前に「ペナルティエリアが小さい」と気付き、測ったところおよそ2.5メートルほど規定に足りなかったのだ。

そのため急遽試合を延期し、ラインを引き直す作業を行ったのである。なぜこんなことに…。

ちなみにこの試合はアウェイのアトレチコ・ゴイアニエンセが1-0で勝利。ゴールはこの「大きさが変わった方のペナルティエリア」で生まれている。