先日は世界的に大規模な嵐が発生し、多くの国で大雨や洪水の被害が発生していた。

オーストラリアでは長くくすぶり続けた山火事がこれによって鎮火するなど、各地で大きな影響を与えていた。

そして先週末には北アイルランドの2部にあたるNIFLチャンピオンシップで、雨の影響によって生まれた珍しい場面があった。

試合はポータダウンFC対クイーンズ・ユニヴァーシティ。裏に出た浮き球でアダム・サリーが飛び出し、キーパーの脇を抜いてシュート!

サリーは喜んでセレブレーションするも、泥でボールは急停止…!

しかし、幸運にもそれを味方選手が押し込んだ!メディアはこの珍ゴールに「プスカシュ賞レベルの珍しさ」とも。