アーセナルはウィンターブレイク明けのニューカッスル戦に4-0で勝利した。

メスト・エジルが10か月ぶりの決めたゴールがこれだ(以下動画1分22秒~)。

さすがに嬉しそうだ。

ただ、今季21試合に出場していたマッテオ・グエンドゥージはこの試合でベンチにも入らなかった。

『Telegraph』によれば、彼はアブダビでのキャンプ中にミケル・アルテタ監督やスタッフ陣と激しくやり合っていたという。ピッチ上で衝突した後、ホテルに戻っても口論は続いたとも。

また、アルテタ監督は『beIN SPORTS』に対して、「よりいい練習をして、よりよい振る舞いをして、我々が望むことをピッチ上で行うことにより適応している選手が選ばれたのが理由」と述べ、グエンドゥージが除外された理由を仄めかしていたそう。