今年からJリーグでも導入されたVAR(ビデオアシスタントレフェリー)。

そうしたなか、UEFAは来季からのチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグでは、VAR上のオフサイドラインをより太くすることを決めたようだ。

昨季のCLでもVARによるオフサイドが大きな話題になった。トッテナム対マンチェスター・シティ戦での劇的シーンがこれ(以下動画55秒~)。

これは確かにオフサイド…。

『Sky Sports』によれば、UEFAのアレクサンドル・チェフェリン会長がこう明言したという。

アレクサンドル・チェフェリン(UEFA会長)

「1cmのオフサイドはオフサイドではない。

なぜなら、それがルールの意図するものではないからだ。

VARが介入するためには明らかなミスでなければならない。

よって、より太いラインは不可欠だ。ラインは主観的に引かれているからね。だから、正確ではない。

もし1cmで…間違った決定でクラブのシーズンを台無しにしたら。

個人的にはハンドにも問題があると考えている。

だが、それについては厳密に何をするべきかは分からない。審判団と相当に協議している」

VAR上のラインを太くすることでcm単位でオフサイドか否かを判断することを避けるようだ。この決定はゴールがより多くの生まれることを促進させる狙いがあるとのこと。

サッカーのルール立法者であるIFAB(国際サッカー評議会)は、それぞれのリーグ・大会にVARシステムの精度を決めることを認めており、オフサイドラインの幅に関する特定の規定は設けていない。そのため現行のルール上でラインを太くすることは可能だそう。