FIFAからの補強禁止処分がありながら、フランク・ランパード監督のもとで奮闘しているチェルシー。

ここでは、『sportskeeda』による「酷評されているもののチェルシーが手放すべきではない選手たち」を見てみよう。

ロス・バークリー

ロス・バークリー

彼がFAカップのリヴァプール戦でドリブルシュートを決めるとタンフォード・ブリッジは震えた。

エヴァートン時代にはテクニック、スピード、フィニッシュを見せつけていたバークリー。チェルシーが2018年1月に1500万ポンド(20億円)で彼を引き抜いた際には賢い獲得だと思われた。

だが、当時のアントニオ・コンテ監督からは4度しか起用されず、最初の半年間はエンジョイできず。サッリ新監督のもとで状況が好転したが、それは長続きしなかった。いい時期もあったものの、マテオ・コヴァチッチとルベン・ロフタス=チークにポジションを奪われたのだ。

フランク・ランパード体制となった今季はプレシーズンで輝きを見せるもそれは続かず。もはや控え要員となっていたので、リヴァプール戦でのゴールはファンたちにとって嬉しい驚きだった。

あれは彼が常に有していた才能だが、チェルシーファンたちは一瞬しか見たことはなかった。バークリーはまだブルーズで最高の姿を見せたことはないが、チームは来季も彼を保持しなければいけない。

そのバーサタリティは指揮官に中盤のオプションをもたらすものであり、自力で試合結果を変える能力も持っている。