サッカー選手は世界的に高い知名度を誇り、その影響力は各国首脳をも上回る…といえる。

その一人がスター選手に成長したキリアン・エムバペ。PSGで若くしてエースとなった彼は、DAZNでこんなにすごい「TOP5ゴール」をまとめられるほどの存在。

しかし、だからこそといえるような詐欺事件に巻き込まれていたそうだ。

『L'Equipe』によれば、エムバペは火曜日に「許可されていない広告に虚偽のインタビューが載っている」と訴えを起こしたという。

記事によれば、エムバペが利用されていたのは仮想通貨市場への投資を促すプログラムへの参加を求める広告だったそう。

そこにはエムバペが「誰でもわずか3~4ヶ月で億万長者になることができる奇跡的な投資だ」と話すインタビューが掲載されていたとか。

イスラエルにあるコールセンターを介して投資を求めてくるものの、いざ資金を振り込むと跡形もなく消えてしまうそう。

2018年には総額5500万ユーロ(およそ65.3億円)、2019年には総額3000万ユーロ(およそ35.6億円)がこの種の詐欺で騙し取られているとのことだ。