新型コロナウイルスの影響によって、打ち切りが決まった2019-20シーズンのリーグアン。

そうしたなか、『L'Équipe』は、ネットユーザーの投票による今季のベストイレブンを発表した。

監督:アンドレ・ヴィラス=ボアス(マルセイユ) 得票率59%

GK: スティヴ・マンダンダ(マルセイユ) 得票率38%

RB:レオ・デュボワ(リヨン) 得票率34%

CB:チアゴ・シウヴァ(PSG) 得票率41%

CB:マルキーニョス(PSG) 得票率62%

LB:フアン・ベルナト(PSG) 得票率47%

MF:マルコ・ヴェッラッティ(PSG) 得票率56%

MF:エドゥアルド・カマヴィンガ(レンヌ) 得票率51%

RH:アンヘル・ディ・マリア(PSG) 得票率84%

LH:ネイマール(PSG) 得票率74%

FW:キリアン・エムバペ(PSG) 得票率56%

FW:ウィサム・ベンニェデル(モナコ) 得票率66%

指揮官はマルセイユを躍進に導いたヴィラス=ボアス氏。そして、ベストイレブンはPSG勢が7人という結果に。前線は得点王を分け合ったエムバペとベンニェデル。最も得票率が高かったのは、ディ・マリアだったようだ。

錚々たるビッグネームが揃うなかで、弱冠17歳のカマヴィンガも選出。インテリジェンスと戦術面に優れ、パスをさばけるだけでなく、中盤の底で落ち着きをもたらす逸材だ。

すでに多くの列強クラブが狙っているという彼は、リヨン相手にこんなスーパーゴールも決めている。

 

ゴール前でこの落ち着き…並の17歳ではない。

【関連記事】 ユナイテッドが「取り逃したスター選手」ベストイレブン

『Transfermarkt』でも、カマヴィンガの市場価値はすでに3750万ユーロ(43億円)と評価されている。