新型コロナウイルスの影響によって3月半ばから中断されてきたイタリア・セリエA。

しかし先日ようやく再開に向けたスケジュールが決定し、6月13日に試合が行なわれる方針に。練習場でのトレーニングもスタートしており、ACミランもミラネッロでのセッションの模様を配信している。

いい天気でのトレーニングだ。自宅の屋内でやるエクササイズとは大違いだ…。

ただ、先日のセッションで心配な出来事があった。ズラタン・イブラヒモヴィッチがシュートを放った後に足を痛めてしまい、練習を離れざるを得なくなった。

メディアでは「アキレス腱を壊した可能性がある」と伝えられ、現役を引退しなければならない可能性も…と深刻な報道もあった。

しかし今回ACミランが発表したところによれば、最初の検査ではアキレス腱に異常はなく、右ふくらはぎの負傷のみだったとのこと。

今のところはまだ詳細はわからないようだが、今後10日間で改めて再検査が行なわれ、復帰へのスケジュールが立てられるそうだ。

【関連記事】イブラも!「ユーヴェ&ミラン&インテル」全てでプレーした激レア選手たち

38歳のイブラヒモヴィッチは、ミランとの契約は今季限りとなっている。2020-21シーズンはどこでプレーすることになるのか注目だ。