20日、イングランド・プレミアリーグは2020-21シーズンのスケジュールを公式発表した。

開幕戦は9月12日に開催予定となり、それぞれチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグを戦っていたマンチェスター・シティとマンチェスター・ユナイテッドについては1試合が延期になっている。

その、第1節のカードはこうなっている。おしゃれな映像で開幕戦が発表されているぞ。

●9月12日

  • クリスタル・パレス対サウサンプトン
  • フラム対アーセナル
  • リヴァプール対リーズ
  • トッテナム対エヴァートン
  • WBA対レスター・シティ
  • ウェストハム対ニューカッスル

●9月14日

  • ブライトン対チェルシー
  • シェフィールド・ユナイテッド対ウォルヴァーハンプトン

そして、このスケジュールで悲鳴を上げているのが、ウェストハム・ユナイテッドなのだそう。

第1節からの相手はニューカッスル、アーセナル、ウォルヴァーハンプトン、レスター、トッテナム、マンチェスター・シティ、リヴァプール…。第7節までが非常に厳しいのだ。

【関連記事】今季のプレミア「期待を遥かに超えてきた選手」10名

そのおかげで、オンラインギャンブルの『Betfair』では、「最も早く解任される監督は誰?」という項目でウェストハムのデイヴィッド・モイーズ監督が急上昇。オッズは11/2で、全チームの中で最も低い倍率になっているそうだ。