ベルギー1部リーグ第10節、アントワープ対ベールスホット戦で三好康児vs鈴木武蔵の日本人対決が実現した。

先発出場した2人はともに存在感を発揮。三好はチャンスを演出したほか、武蔵は2ゴールを叩き出す活躍を見せた。

試合は武蔵の2ゴールでベールスホットが一旦は同点に追い付くも、直後に勝ち越したアントワープが3-2で勝利している。

この結果、アントワープは首位に浮上。一方のベールスホットは4位となった。『Sporza』によれば、両指揮官は試合後にこう述べていたという。

イヴァン・レコ(アントワープ監督)

「両チームとも攻撃的であることは事前に分かっていた。5ゴールが生まれたのは偶然ではない。

無観客と木曜日のELと我々にはハンデがあった。こちらにはフィジカルの問題があり、ベールスホットはいいプレーをしたよ。

疲労感が大きな意味を持つことは分かっていた。開始から60分までに勝利したかった、最後の30分はきつくなるはずだったからね。

我々は大体うまくいった。(今季は)非常に順調だ。

10節を終えて首位に立っており、ミッドウィークのELにも勝った。シーズン序盤のカップ戦決勝にも勝っているしね」

エルナン・ロサーダ(ベールスホット監督)

「今日の正しい結果は引き分けだったはずだ。残念なことに2-2にした直後に決勝点を許してしまった。

自分たちを誇りに思うべきだ。全てを尽くした。同点にした後に野心的過ぎたかもしれないがね。

もちろんダービーなので痛いが、この負け方なら問題ない。選手たちに脱帽だ」

武蔵はゴール前で冷静にシュートを流し込み2ゴールを決めている(以下動画2分5秒~、3分50秒~)。

どちらもタリク・ティスダリのアシストだが、特に1点目のぬるぬるドリブルは圧巻。また、武蔵がやった股抜き突破シュートもすごかったぞ(動画2分40秒~)。

アントワープは今週のミッドウィークにはELでトッテナムと対戦する。