イングランド・プレミアリーグで首位をひた走ってきたリヴァプール。今季は中断に追い込まれたものの、再開されたとしても優勝はほぼ確実だ。

そのクラブを率いているのはユルゲン・クロップ氏。情熱的なジェスチャー、そしてユニークな受け答えで知られる名指揮官だ。このような動画でもまとめられているほど。

彼は今回『BeIN Sport』のビデオインタビューでクリスティアーノ・ロナウドやリオネル・メッシ、セルヒオ・アグエロらスーパースターについて聞かれ、以下のように話したという。

また、獲得が噂されているキリアン・エムバペやジェイドン・サンチョらについては「夢見ていない」とバッサリ語ったそう。

ユルゲン・クロップ

「そのような質問は、明日の新聞の見出しを作られないように応えるのは無理だ。それはしたくないことだと分かっている。

私は彼らみんなを愛しているよ。他にも数人そのような選手がいるね。

彼らはすべて例外的な選手たちだ。彼らはそのような振る舞いや技術、才能を持っているからそこにいる。私は彼らのことを愛しているが、彼らを指導していないことは何の問題もない。

そのリストにはネイマールはいないのかい?レヴァンドフスキはいないのかい?

世の中にはいい選手たちがたくさんいる。みんな本当にいい男だ。私はレヴァンドフスキを手にしたことがある。

エムバペには大きな未来があるし、ジェイドン・サンチョについても話すことができる。皆近い位置にいるよ。

ただサディオ・マネは十分に若いし、モハメド・サラーもそうだ。今後数年そのようなグループにいられるくらいにはね。

私は自分が持っている選手たちに完全に満足している。他の選手については考えたことがない。

このクラブにいる選手とともに働くとき、他のクラブにいる選手のことを夢見たりはしない。

もし将来的に誰か獲得できるとしても、その時はその時だ。そうならなくても、今持っている状況を最大限に利用するのさ」

【関連記事】「クロップ監督の哲学を表す13の言葉」が面白い

他のチームが持っている選手については考えず、自分の選手に集中する…とのこと。