新型コロナウイルスの影響により、3月半ばから長く試合が中断されていたイタリア・セリエA。

しかし先日6月13日にリーグが再開されることになり、それに向けて各クラブがチームトレーニングをスタート。練習場に選手が集まっている。

ミランも青々とした芝が広がるミラネッロで練習を行なっており、これまで以上に選手の距離を縮めた形でのトレーニングが可能になっているように見える。

ただ、その練習で早くも離脱してしまったのが38歳のズラタン・イブラヒモヴィッチ。

シュートを打った瞬間に足の痛みを感じた彼は、一時はアキレス腱に問題を抱えたのではないかとも言われたものの、最終的にはふくらはぎの筋肉のみの損傷だと報告された。

恐れられるほどに深刻なものではなかったが、『L'Equipe』の報道によればイブラヒモヴィッチはミラノにとどまらず、家族とともにスウェーデンに戻ることにしたという。

【関連記事】奇妙すぎる怪我で離脱した19名の選手たち(英国編)

ミランに戻ってくるのはおそらく6月3日であるとのことで、それ以降に復帰に向けてのさらなる検査が行なわれる予定だとか。